インフルエンザについて

  • インフルエンザとは?
    風邪(かぜ)とインフルエンザはイコールではありません。かぜは、もともと、風邪症候群というべき症状からつけられた名前で、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、咽頭痛、せき、痰といった呼吸器症状と、発熱、頭痛、腰痛、全身倦怠といった全身症状、時に下痢や腹痛などの消化器症状を伴います。そして、約1週間の経過で治癒に向かう疾患全般をさしています。原因としては、マイコプラズマやクラミジア、細菌といった病原微生物によりますが、80から90%はウイルスによって起こるので、医学的には、ウイルスによって起こる急性の呼吸器感染症(ウイルス性急性呼吸器感染症)と位置づけられています。原因ウイルスには、アデノウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルス、インフルエンザウイルスなど、様々な種類があります。つまり、インフルエンザウイルスとは、風邪症候群の起因ウイルスのひとつがなのです。インフルエンザウイルスによる症状の特徴として、発熱および全身症状が強いことがあげられます。しかしながら、同様の症状は他のウイルスでも起こりえますし、同じウイルスでも人によって異なった臨床症状を呈することがあります。すなわち、症状からは、原因ウイルスを特定することは厳密にはできないと考えられます。たいていのウイルス感染症には特効薬がありません。しかし、インフルエンザウイルスに対する薬は近年何種類か開発され、使用されています。風邪の原因がインフルエンザウイルスだとわかれば、今では治療方法もあるわけですから、その原因ウイルスを特定することは大変重要だと考えます。
Copyright(c) 2001-2009 www.Tsk-Onishi-iin. com All rights reserved.