しみの治療をご希望の患者さんへ

現在しみの治療には、レーザー治療、トレチノイン療法、ケミカルピーリング、IPL-フォトフェイシャル、マイクロダームアブレージョンなど、多種多様な方法があります。おおまかな違いは、レーザー、トレチノイン、ケミカルピーリングでは、治療後に多かれ少なかれ皮膚にかさぶたが生じ、方法によって5日から1週間ほど治療部位をフィルムやガーゼで保護することが必要になりますが、その分治療効果も高く、短期間で目的が達成されることがしばしばです。一方IPL-フォトフェイシャルやマイクロダームアブレージョンは、治療後にガーゼなどは必要なく、メークをしながら治療することが可能です。
しかしその反面1回ごとの治療効果は少なく、結果的にはかなりの治療回数を要するので、時間と経費に余裕が必要です。
現在当院では、しみに対してレーザー治療とトレチノイン療法を施行しております。

  • レーザー治療: 数種類のレーザー用いて、顔面や体に生じたしみを改善することが可能です。治療後に約1週間は照射部位を防水フィルムやガーゼで保護することが必要ですが、その分大きな改善が期待できます。
    (¥31,500~:照射数で加算) 
    治療前後の写真
  • トレチノイン療法: トレチノイン(レチノイン酸)は、現在多くの美白化粧品に配合されている成分であるレチノールのおよそ100倍の生理活性を持つ、ビタミンAの誘導体です。このトレチノインの外用剤を用いて、しみの改善が可能です。レーザーと比較するとマイルドな治療法で、お化粧も可能ですが、効果が得られるまでには少々時間を要します。1クールおよそ3か月で、2週間ごとの通院が必要です。場合によっては2クールの治療になります。
    (トレチノインジェル:¥5,000/10g/*活性持続期間1か月・要冷蔵)

    *レーザーおよびトレチノインと併用することで効果が高まる治療法

    • ケミカルピーリング: しみのレーザー治療後には、およそ60%の方に一過性の色素増強反応が生じます。
      ケミカルピーリングは皮膚表面に弱い酸(グリコール酸ほか)を塗布することで、新しい表皮を再生させる治療法
      ですが、これを行うことでレーザーのあとの色素増強反応が、かなり押さえられます。さらにケミカルピーリングは
      毛孔の角質の除去効果および皮脂腺の縮小効果があるため、ニキビにも有効なほか、真皮コラーゲンの活性化が
      図られるので、結果的に肌全体の質感の改善(いわゆる美肌効果)にも期待ができます。なお治療に当たっては
      高濃度ビタミンCによるトリートメントも併用します。治療はレーザー後2~3週間後から開始します。
      (¥15,000/1回 (1クール=5回/10週間))
    • ハイドロキノン療法: メラニン色素の合成を阻害し、強力な漂白作用のあるハイドロキノン配合剤を用いて
      レーザー後のしみの予防をはかります。
      (¥2,000/5g/*消費期限2年、室温保存)
    • 高濃度ビタミンCローション:メラニン色素の合成を阻害し、強い抗酸化作用を有するリン酸型ビタミンCの 高濃度外用剤を用いて、しみの予防と皮膚のはりの改善を期待します。
      (¥5,000(5%)~¥20,000(20%)/50g *活性持続期間1か月・要冷蔵)

    Copyright(c) 2003-2016 Tsk-Onishi-Clinic. All rights reserved.