ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)と胃がんの関係

 ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は、1980年代に胃炎の患者さんの胃粘膜から発見・培養された
比較的新しい細菌です。この細菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるため、ピロリ菌が陽性の胃・十二指腸潰瘍の場合には、
抗生物質を用いて積極的に除菌をすることが、現在の標準的な治療となっています。

このピロリ菌の感染を調べる方法は、内視鏡で胃粘膜組織を直接採取する方法もありますが、現在はそれ以外にも、
血液中のピロリ菌抗体を測定する方法や、特殊な試薬を飲んで呼気を分析する方法(尿素呼気試験)
などがあり、比較的手軽に検査できるようになりました。

また近年、ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍の原因となるだけでなく、胃がんをつくりやすい素地となる、
「慢性萎縮性胃炎(胃の慢性炎症)」を引き起こすと言われています。ピロリ菌は40歳以上の日本人では
60%以上(!)の人が感染していると言われており、他民族と比べて日本人に胃がんの罹患頻度が高い
ことも鑑みて、この点は特に注意が必要です。

この慢性萎縮性胃炎には特有な症状がありませんが、この胃炎になっているかどうかは、血液検査
(*血中ペプシノーゲン値)で簡単に調べることができます。*残念ながらまだ保険適応ではありません。

以上より当院では、血液中のピロリ菌抗体とペプシノーゲン値をチェックして、胃がんのスクリーニングを
することをお勧めしています。少量の採血だけの簡単な検査なので、胃のバリウム検査等に抵抗のある方
でも安心してお受けいただけるものでしょう

**上記に関連する新聞記事朝日新聞朝刊1面)はこちらへ

Copyright(C) 2001-2016.www.tsk-onishi-iin.com All rights reserved.