掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは?・・炎症性角化症という皮膚病に属する疾患で、手のひらや足の裏に小さな点状の膿疱(無菌性)が多発し、皮膚がぼろぼろむけてきたり、ぶ厚くなってくる慢性的な疾患です。時には膝や肘を中心に赤い斑点が生じる乾癬(かんせん)という疾患や、胸骨・肋骨・鎖骨周囲の関節炎を合併することもあります。
  • 原因は?: いまだはっきりと解明されてはいませんが、以下のものは発症に関与していることがわかっています。
    1. 慢性感染症(虫歯、扁桃炎、慢性副鼻腔炎、慢性胆嚢炎など)。
    2. 金属アレルギー (歯科金属など)
    3. その他(自律神経失調説など)
  • 検査: 体内に感染巣がある場合は、血液検査の他、可能であれば細菌培養(咽頭培養など)をおこなって原因菌をさぐります。金属アレルギーが疑われる際には、いろんな種類の金属の水溶液を皮膚に貼り付け、皮膚の反応を見る「金属パッチテスト」という検査をおこないます(別紙もご参照ください)。なお足白癬(みずむし)との鑑別のためには、顕微鏡検査を行います。
  • 治療: 掌蹠膿疱症の治療では強めのステロイド軟膏を使用します。手のひらや足の裏は、皮膚が厚くて薬が吸収されにくい場所なので、強い薬でないとなかなか効果があがりません。軟膏を外用後に可能であればガーゼで保護したり、さらに手の病変では、綿手袋などで保護していると治療効果が高まります。また付け薬とともに、飲み薬(抗アレルギー剤ないしステロイド含有剤+抗生物質)による治療も併用します。治療経過は早くても概ね1~2ヶ月です。しかしいったん軽快しても、しばらくして再発することも多いので、治療にはしばしば根気が必要です。なお金属アレルギーが証明された場合には、歯科金属など体内の金属を除去することも、ひとつの有効な方法です。また慢性扁桃腺炎を含め、体内に炎症巣のある場合には、おのおの病巣の治療(扁桃腺摘出など)が有効な場合もあり、特に難治性の場合には考慮してもよいでしょう。関節炎を合併した場合は鎮痛剤を処方しますが、まずは安静が第一ですので入院が必要となる場合も少なくありません。
Copyright(C) 2001-2016 www.tsk-onishi-iin. com All rights reserved.