血液検査項目の概説

白血球数:感染症、炎症、血液疾患など各種の病気で増加ないし減少します。

赤血球数:貧血の場合には減少を示すことが多く、形態にも変化が出ます。

ヘモグロビン:血液中の全ヘモグロビン量。規定値以下で貧血と診断されます。

ヘマトクリット:血液中に占める赤血球の容積比(%)です。貧血では滅少します。

MCV ・MCH ・MCHC:赤血球の形態を数値化したもの。MCVは赤血球1個当りの平均容積、MCHは赤血球1個
 当りの平均ヘモグロビン量(MCHCはそれを%表示したもの)を意昧します。貧血の場合には、その種類や原因
 の推定に役立ちます。

網赤血球数:若い赤血球が全体に占める割合。造血の盛んな場合に上昇します。

血小板数:止血作用の主役を務め、各種の原因で滅少すると出血しやすくなります。

総蛋白・アルブミン・A/G比: 血清中の蛋自はアルブミン(A)とグロブリン(G)から成り、両者を合わせて
 総蛋白といいます。アルブミンは栄養障害、肝疾患、腎疾患などで低値を示します。アルブミン減少と
 グロブリン増加が同時に起こると、総蛋白は見かけ上変化しませんが、A/G比が低下します。

TTT・ZTT: TTT(チモール混濁試験)やZTT(硫酸亜鉛混濁試験)は「膠賢反応」と呼ぼれています。
 慢性肝炎や肝硬変では、血液中の蛋白の病的変化(アルプミン減少やグロブリン増加)により上昇します

GOT(AST)・GPT(ALT): 肝臓に多く含まれる酵素の1つです。急性肝炎、慢性肝炎などで上昇しますが、
 必ずしも数値と肝病変の重症度は並行しません。GOT(AST)は、肝臓以外にも心臓や筋肉にも多く含まれます。

γGTP:飲酒との関係が強く、とくにアルコール性肝疾患で著しく上昇します。

LDH全身に分布する酵素。肝炎や心筋梗塞など多くの病気で上昇します。

ALP:肝・胆道系、骨の病気などで上昇します。骨の成長期にも上昇します。

LAP:肝・胆道系の病気で上昇します。骨の異常や成長期では上昇しません。

ChE(コリンエステラーゼ):肝臓の機能検査のひとつ。慢性肝疾患や栄養不良などで低下します。

総ビリルビン、直接ビリルビン:血液中に存在する黄色の生体色素で、これが著しく上昇した状態を「黄疸」と
 呼びます。肝・胆道系の病気では、おもに直接ビリルビンが上昇します。

アミラーゼ:唾液と膵液に含まれる消化酵素です。急性膵炎で上昇します。

BUN:血液中の老廃物である尿素の検査。腎臓の働きが悪くなると上昇します。

クレアチニン:これも血液中老廃物の検査です。腎臓の働きが悪くなると上昇します。

血糖:血液中のブドウ糖(グルコース)濃度。糖尿病などで上昇します。

HbA1c:長期間(過去4~8週闇)の血糖のコントロール状態を反映します。

総コレステロール・LDL・HDL:コレステロールは生体にとって重要な物質ですが、多すぎると動脈硬化の一因と
 なります。いわゆる悪玉のLDLコレステロールと、善玉のHDLコレステロールがあり、前者では高いほど、後者
 では低いほど動脈硬化の危険因子となることがわかっています。

トリグリセライド:中性脂肪とも呼ばれ、上昇は動脈硬化の危険因子となります。

尿酸:痛風の原因となる老廃物。代謝異常や腎臓の働きが悪くなると上昇します。

RLP - Ch:レムナントとも呼ばれ、上昇は動脈硬化の危険因子となります。

CPK(CK):心臓や筋肉中に多い酵素。心筋梗塞、筋肉異常(筋炎他)などで上昇します。

CRP:代表的な炎症マーカー。炎症や組織傷害などにより速やかに上昇します

RA因子:RA(関節リウマチ)の診断根拠の1つになっています。

BNP:心臓から分泌されるホルモンの1種であり、心臓の異常により上昇します。

ヘリコバクターピロリ抗体価: ヘリコバクターピロリの感染は、十二指腸潰瘍・胃潰瘍・胃癌などの原因になる
 場合があります。

*腫瘍関連マーカー:以下の腫瘍関連マーカーは、例え正常値であっても癌を完全に否定できるものではありません。
                 異常値が見つかった場合に、早期に精密検査・治療を受ける目的で検査するものとお考えください。)

CEA:大腸癌では、70%以上の患者さんで上昇します。膵臓癌、胃癌、肺癌などでも陽性に
 なることがあります。また炎症性疾患(肝硬変や潰瘍性大腸炎など)や、高齢者、妊婦、ヘビースモーカーでも
 上昇することがあります。

AFP:肝細胞癌の腫瘍マーカーです。活動性の肝炎・肝硬変でも上昇します。

PIVKA2:肝臓で合成されるビタミンK依存性凝固第2因子の前駆体たんぱく質。肝細胞癌の早期診断の補助、
 および治療効果の判定などに用いられます。

ペプシノーゲン :陽性の場合は萎縮性胃炎と考えられ、できるだけ早い時期に胃内視鏡検査を受ける
 必要があります。なお、陰性や偽陽性であっても必ずしも胃の疾患を否定できません。

PSA:前立腺で特異的に産生されるたんぱく質で、前立腺に疾患があると血中に漏出します。前立腺癌の他に
 前立腺肥大症や、前立腺炎などでも上昇します。高値になるにつれて前立腺癌の可能性が高まり、
 PSA値4 ~10ng/ml(正常値4.0ng/ml未満)で25%、10ng/ml以上で50%とされています。

CA125:卵巣がんの代表的な腫瘍マーカーです。漿液性癌、類内膜癌などで高値を示します。
 ただし子宮内膜症の場合でも50~75%の頻度で上昇するといわれています。

CA19-9:膵臓・胆管・胆嚢・胃・大腸など、消化器の癌の発生に伴って産生される糖たんぱくです。特に膵癌や
 胆道系の癌の診断に利用され、膵臓癌の80~90%、胆管・胆嚢癌の60~70%で陽性になります。

シフラ(サイトケラチン19フラグメント):肺癌のうちの一部(扁平上皮癌)や卵巣癌、乳癌で陽性となることがあります。良性疾患で偽陽性となることは少ないといわれています。

SCC:扁平上皮癌(子宮がん、食道がん、肺がん、頭頚部がん、の一部)で陽性になることがあります。
しかし、透析患者さんで偽陽性になることもあることもあるので、結果の解釈には注意を要します。

CA15-3:乳がんの診断において、特異性の高いマーカーとされています。ごく早期の乳がんで陽性になることは少ない(2%)ですが、進行すると陽性率が高くなります。

P53抗体:p53蛋白は、遺伝子に異常が起こった細胞において活性化される蛋白で、生体を守る働きをしています。一部の癌はこの蛋白に異常により起こります。そのような場合、生体は異常なp53蛋白に対して抗体をつくることが多いため、p53抗体は、がんの比較的初期のマーカーとして認識されています。食道がん、大腸がん、乳癌では、この抗体と他の癌マーカーとの組み合わせ*により、診断率が50%程度になるといわれています。(*食道がん;シフラ、SCC、大腸癌;CEA、CA19-9、乳癌;CEA、CA15-3)

Copyright(C) 2001-2011.www.tsk-onishi-iin.com. All rights reserved.