美容皮膚科治療

( しみ、そばかす、赤ら顔、ほくろ、しわ、首すじのイボ、下肢の毛細血管拡張など )

  • しみ:老化や過度の日焼けによる顔面や腕のしみ(老人性色素斑)、日焼け後の肩のしみ
    (光線性花弁状色素斑)、頬のそばかす(雀卵斑)などにはレーザー治療が効果的です。
    さらにケミカルピーリングやトレチノイン療法、高濃度ビタミンC外用剤の他、脱色効果を有する外用剤を併用することで、治療効果が高まります(詳細はこちらへ)。*なお、患者さんが頬のしみやそばかすだと思っていたものでも、本当はあざの一種であることがあります
    (後天性真皮メラノサイトーシスまたは両側性遅発性太田母斑様色素斑)。レーザー治療が
    有効ですが、その場合には健康保険が適応されます。
    *また更年期前後から出現する事の多い、肝斑(かんぱん)というしみの場合には、レーザー治療は効果がなく、ケミカルピーリングなどの保存的治療が有効です。

  • ほくろほくろの治療は、ほくろのできている場所・形・大きさで最適な治療法が異なります。レーザーや高周波電気メスによる焼灼、あるいはメスを使った切除、冷凍法などの中から最もあった治療法を選択します。(レーザーなどの新しい治療法が、必ずしも他の方法より優れているとは限りません。)なお臨床的に良性腫瘍や皮膚ガンが疑われる場合は組織検査を行います(組織検査を要する場合には健康保険が適応されます)。

  • にきび痕にきび痕には、レーザー治療(Laser Skin Resurfacing)とケミカルピーリングを組み合わせたプログラム(Laser skin resurfacing program)を作成・施行しております。補助療法としてトレチノイン療法やコラーゲン注入療法などを治療に組み入れる場合もあります。なおレーザー治療は、肌質(スキンタイプ)によっては治療不可能な患者さんもいらっしゃいます。*にきびの治療法については→ こちらをご覧ください。

  • 毛細血管拡張症(赤ら顔):顔面の毛細血管拡張症(いわゆる赤ら顔)には、色素レーザー
    治療が効果的です。健康保険も適応されます。下腿(すね)や膝うらなどの小血管拡張には、 v-beamレーザー治療や硬化療法(拡張した血管内に薬剤を注入)を行います。顕著な静脈瘤を伴う場合は、蛇行した血管を除去したり、大腿部(ふともも)の付け根で血管を切離する手術が必要です。その場合は入院を要しますが、健康保険が適応されます。

  • 首すじに多発するイボ:中高年から生じる首すじに多発する小さなイボ(厳密な意味での
    イボではありません)は、アクロコルドンといい、レーザー治療の良い適応です。

  • しわ:表面的なちりめんじわにはレーザー治療(Laser Skin Resurfacing)を、さらに深いものではコラーゲン注入療法を行っております。コラーゲンはおよそ1ヶ月間のアレルギーテストをおこなってアレルギーがない方に限ってのみ、行うことができます。なおコラーゲンの効果はおよそ6ヶ月間持続します。しかし次第にもとに戻るので、繰り返しの注入が必要です。
*治療の実際*
しみ(老人性色素斑)
ほくろ
にきび痕
首すじのいぼ
あざのレーザー治療
Copyright(C) 2001-2015.
www.tsk-onishi-iin.com.
All rights reserved.
Copyright(C) 2001-2016 www.tsk-onishi-iin.com.All rights reserved.