ケミカルピーリングをお受けになられる方へ
- インフォームド・コンセント(抜粋)-
大西医院

 ケミカルピーリングとは?:皮膚表面に酸(グリコール酸やサリチル酸など)を塗布することで、皮膚の表層を溶かし、
新しい表皮を再生させる治療法です。毛孔の角質の除去効果および皮脂腺の縮小効果があるため、ニキビの治療に有効
なほか、真皮コラーゲンの活性化が図られるので、肌全体の質感の改善(いわゆる美肌効果)にも期待ができます。

実際の治療

  1. 洗顔していただいた後、まず皮膚表面の脱脂処理をおこないます。
  2. ピーリング剤を塗布し、5分から6分ほど反応させます。その間はピリピリあるいはチクチクといった
    刺激感があります。(治療回数とお肌の状態によってピーリング剤の濃度を調整します。)
  3. 滅菌精製水を用いてピーリング剤を中和・洗浄します。
  4. 高濃度リン酸型ビタミンC製剤を用いて、皮膚のトリートメントを行います。
    以上でおよそ30分の治療となります。
  5. 上記の治療を2週間隔で5回から6回(1クール)行います。

注意事項

  • 当日は日焼け止め程度の落としやすいお化粧でいらしてください。
  • 施術後1日はお化粧を控えていただきます。顔全体が少し赤くなりますが、しだいに落ち着きます。
  • 施術後当日は洗顔時にこすらないように、水をバシャバシャとかけるように洗ってください。翌日以降は
    石鹸を用いてかまいませんが、石鹸の泡でそっと洗顔してください。
  •   施術後3日から4日間、皮膚表面が粉をふいた状態になります。化粧がのりにくいため、その間はなるべく
    保湿の化粧水および日焼け止めのみでお過ごしください。
  • かさぶたを生じた場合は、決して無理にはがさず、自然に脱落するまでそっと扱ってください。
    なおピーリング剤の濃度が高くなるにつれ、部分的に軽度のかさぶたができやすくなりますが、自然な反応です。
  • 施術後にわからない点などございましたら、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。
Copyright(c) 2003-2016 www.tsk-onishi-iin.com All rights reserved.