頬部後天性真皮メラノサイトーシスの治療
(両側性遅発性太田母斑様色素斑/両側性太田母斑)
**「頬部後天性真皮メラノサイトーシス」ないし「両側性遅発性太田母斑様色素斑」は、思春期ごろから両側の頬骨のところを中心に、小さな灰色っぽい色素斑が増えてくる疾患です。一見変わったしみのようにも見えるので、多くの患者さんはしみやそばかすだと思っていらっしゃいますが、本当は病理、病態ともに真皮メラノサイトによる「青あざ」の一種なのです。なお、レーザーは3ヶ月おきに5ー6回ほど照射します。

*治療の詳細はこちらへ:インフォームド コンセント(抜粋)

Copyright(C) 2001-2016.www.tsk-onishi-iin.com.
All rights reserved.
頬部後天性真皮メラノサイトーシス
治療の実際
case 1
case 2
上:レーザー治療前:両頬の色素斑
上:レーザー治療前
下:治療1年後
下:治療1年後
Copyright(C) 2001-2016.www.tsk-onishi-iin.com. All rights reserved.